夢占い診断所
夢占い診断所 > 夢占いコラム > 夢を見ないので夢を診断できない

夢を見ないので夢を診断できない

世の中、「全く夢を見ません」という方もいらっしゃいます。しかし、人間は睡眠中に必ず夢を見ます。ですから「全く夢を見ません」ではなく、「夢をおぼえていません」というのが、本当は正確なんです。しかし、夢占いで夢を診断するためには夢をおぼえておかないと100%不可能ですよね。

 

夢と仲良くなるには

女性のベッド

夢をあまり見ないというあなたは、まず素敵な夢と巡り合えるように夢と仲良くなりましょう。といっても、何も難しいことではありません。

 

まず、人間は夢を見ているレム睡眠とそうでないノンレム睡眠を交互に繰り返しますが、(約8時間の睡眠で4~5回のレム睡眠があります)最後のレム睡眠が一番夢の記憶が鮮明だとされています。

 

ここであなたが意識して行うのは、就寝時間と睡眠時間、起床時間を自分に適した時間に調整し、目覚めのよい時間に起きるようにすることです。そうすることで夢も思い出しやすくなるのです。

 

次に目が覚めてからスクッと起き上がるのではなく、ゆっくりと夢を思い出しながら起きるようにしましょう。そして夢占いをするために、忘れないうちに夢にでてきたキーワードをメモするように習慣付けましょう。

 

あなたの深層心理にあるものや、夢からの大切なメッセージをそうすることで受け取れるようになります。夢占いも自分の環境や状態を考慮しながら、夢を見る度にキーワードを分析し紐解くことによって、だんだんと夢と仲良くなれるはずです。

スポンサードリンク